グラセフ5 車売る|この状態で持っていく

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売却することにしました。家の近くの中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万とのことです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かりました。

この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。ですので、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

グラセフ5 車売る|ボディに白っぽさを感じたら

以前乗っていた車は、ボンネットのところが薄白く見えていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかボロボロの中古車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボディの一部の色が見積もり査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来るグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんにはプロにやってもらったのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く評価されました。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもより一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと輝きを出すためのワックスなどの費用とを計算してみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.