ディラー 車売る|次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

ディラー 車売る|面倒な手続きはほとんどやってくれるし

私の住んでいるところは結構ないなかで、自動車の買い取りだけを行っている業者はありません。買い取ってくれるのは、ディーラーかガススタンドくらいです。

5年ほど乗った愛車を売却した時ですが、地元のほうが手間がなくていいと考え査定してもらいました。しかし、大事に乗ってきた車なのに約30万という査定額に愕然としました。

そこで以前、ネットを使って査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売却することができました。複数業者の一括査定で出張査定してもらうことになったのが、どちらもネットやテレビCMで名前をよく聞く中古車買い取りの業者さんでした。仕事もあり休めないので、午前中に1社午後に1社と時間差で査定に来てもらうことにしました。

午後に来られた業者の方は気持ちの良い人で、この車種でこのボディカラーを求めている人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいとおっしゃいました。査定価格も40万と10万程度のアップでしたから、そこで売ろうとすぐに決めました。その業者さんは買って帰る気があったのか、輸送用のクルマのを手配して出張して来たみたいでそのまま乗って帰られました。

遠くだと手間がかかると考えていましたが、地元の業者よりも明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、その上相場以上の価格で、ネットの査定サイトを活用してとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.