簡易課税 車売却|比較してみることにしました

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

簡易課税 車売却|関係あるのではないでしょうか

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。相場よりもかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取るとありました。そのサイト以外では、認知度が高い車や人気車種などが高額で売れやすいとありました。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

この日本において、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.