車下取り価格表|資産が減ったことになります

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。家の近くの自動車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。単純計算では、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く準備をしていませんでした。その為、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

車下取り価格表|10万円アップだったので

私の住んでいるところはかなりの山奥で、クルマの買い取り専門で行っている業者はありません。引き取りしてくれるのは、車のディーラーか中古車販売しているところです。

5年程度使った愛車を売った時には、どこでも同じだろうと地元で査定してもらったのです。その結果、手入れもしてきた車なのに30万少々という査定額にビックリしました。

そのため、ネットで見つけた査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売却することができました。ネットの一括査定の依頼で査定をお願いすることになった2社は、すべてが広告やテレビなどで見たことのある中古車買い取りの業者さんでした。そうそう休めないので、時間を区切って査定に来てもらうことにしました。

午後からの業者さんは活気のある方で、この車種のこの色を欲しい人がいるので何とか売って欲しいと言われました。気になる査定額は40万円と10万円アップだったので、その業者さんに引き取ってもらおうと決めたのです。その方は準備周到で、大きな輸送用の車で来られていたみたいでそのまま持って行ってもらいました。遠くから呼ぶのもと思っていましたが、地元で手続きするより明らかに手間がかかりませんでした。他にも、面倒な手続きはみんなやってもらうことができ、その上相場以上の価格で、ネットで査定を依頼してホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.