車下取り キズ|査定に必要な時間は

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になりそうでした。今までは下取りしかやっていませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。結局下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売ることにしたのです。

実際車買い取りサイトなどで比較検討したところ、査定額にものすごい差がありました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、76万円の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車下取り キズ|普通の走行距離だと思います

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費節減をするというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/03/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.