車下取り タイヤ|出張査定の時間は

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りはやらないことにして、車買い取り業者に売却しました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。一番高値の専門業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトには少なくとも2社できれば3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額が判るからだと思います。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者を逆転して、最高額の金額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車下取り タイヤ|想像すると外国で使ってもらえる

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で売ることができました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売れやすいとありました。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私の考えも、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.