車下取り パッソ|最初は76万の業者に

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車買い取り業者と比較しても15万くらい安くなっていました。これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。結局下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売ることにしたのです。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからですね。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定を受けることにしました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してきました。ネットでは68万円という査定額だったのですが、5万以上高い業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車下取り パッソ|これからも上質な車が

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で買い取って貰えました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこにある情報ではその通りで、珍しいクルマは高く買い取ってくれるとありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売れやすいとありました。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。平和な日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.