車下取り リサイクル預託金|変わりはありませんが

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放すことになりました。近くにある車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。私はこの車を半年前に70万出して買いました。これを計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で手放すことになったかもと思うと助かりました。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車下取り リサイクル預託金|経費の節約を図るというのが

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.