車下取り 場合|査定額は期待していたよりも少なく

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になるところでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。結局下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売却する話となりました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間位らしいので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定見積もりの結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、最高金額を提示してきました。比較サイトでは70万未満の価格でしたが、76万を提示してくれた業者がいることを伝えると、78万弱までアップしてくれました。

車下取り 場合|クルマを売ってしまうときは

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。

買い取ってもらった自動車も国産メーカーの車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかして外国かもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを売りたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

この日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.