車下取り 情報|なっていたかもしれないのですから

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで買い替えを考えました。まずは近隣の中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。単純に計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却するはめになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

車下取り 情報|人気車種が高いものだと思っていました

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。ただそれは特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.