車下取り 買取|参考的なものであり

新型の登場とともに、所有している自動車を売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円以上も安い額になるところでした。

今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは3社程度は出張査定を受けたほうが良いですよと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を提示してきました。ネットでは68万円という金額でしたが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車下取り 買取|丁寧に乗っているだろうということも

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。今日本の車は海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車を売却する時は、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。もしかすると海外かもしれず、何れにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.