車下取り 選択|それでも44万減った事実に

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。単純計算では、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。それでも44万減った事実に変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

車下取り 選択|どんな査定がされるのかや

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高く売却できました。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページの情報では予想に反して、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.