車売るならラビット|次のオーナーは誰なのか知りたいです

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で買い取って貰えました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットを見たところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気車種などが高額で売れやすいとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと思っています。今回売却したクルマも日本製の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

車売るならラビット|昨年夏に買ったセコハンです

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

ところが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。これを計算すると、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取っていただきました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。ですので、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.