車売るなら|1時間程度と言われたので

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になっています。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その価格差に驚いたものです。それにより下取りはやらないことにして、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

車買い取りサイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、このサイトには複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリと判るからですね。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定の時間は1時間程度と言われたので、休日にまとめて査定してもらいました。査定の結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った価格でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

車売るなら|妄想する楽しさもあります

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取って貰えました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を購入したいと思っている人がいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.