車売る時 書類|なっていたかもと思えば

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していましたが、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで手放したくなりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取っていただきました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売却するつもりならば、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

車売る時 書類|高額査定にはビックリです

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取って貰えました。思った以上で高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットを見たところ、ある情報ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

今回売った車も日本製の車ですが、この車も海外で活躍するのかもと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人をイメージする楽しさがありますね。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.