車売る 必見|査定料は無料です

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが素人にはこの車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売る 必見|ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが

前に使っていた自動車は、ボンネット部分が白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してやけにボロ車に見えていました。洗車をしてから査定してもらいに行ったところ、ボディの一部の色が査定金額に影響があるようです。

カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品がありました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とてもピカピカになったのです。親父からは新しく車を買ったのかと言われた程です。再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。年数も経っている車なのでどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も周りの色に馴染ませられたし、より一層ピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定額がアップすることとつややかにするためのアイテムの費用とを比較してみて、損しないと思ったらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/02/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.