車売る 戸塚|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し送信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売る 戸塚|珍しいクルマを買い取りに出したら

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で売ることができました。相場よりもかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/03/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.