車売る 税金|ボンネットの白さが

前に乗っていた車は、ボンネットのところが白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかボロボロの中古車に感じるのです。洗車も一応しましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが査定金額に影響があると言われました。ならばとカーショップに行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。友人には新車にしたのかと聞かれたほどです。

もう一回査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。古い車だったのでどうなるのかと思っていましたが、希望よりも高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上に綺麗にすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定金額のアップと艶を出すための手間とアイテムの費用とを考えてみて、お得と感じたらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

車売る 税金|今回売却した自動車は

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していたところ、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。しかし、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、半年少々で手放すことになりました。職場の近くの中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も失ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売却するはめになっていたかもと思えば助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。そのため、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしも売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.