車売る 車査定|パソコンを持ち出して

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私にはこの車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売る 車査定|今どこで走っているのか

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、もしかすると海外で使って貰えるのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.