車売却に必要なもの|6万円低い額で売ることに

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していましたが、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。まずは近隣の中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。これを計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ることになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もし本気で売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

車売却に必要なもの|一番高い金額を提示してくれました

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になりそうでした。今までは下取りしか利用したことがありませんが、初めて無料の一括査定サイトを活用してみて、その金額差におどろきました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、確定の査定額が判るからだと思います。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考値でしかなく詳細は車によって異なります。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、土日など休みの日に査定してもらいました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を提示してくれました。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.