車売却に必要な書類|自動車を買取ってもらうならだれでも

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。でも素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車売却に必要な書類|目安的なものであり

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなっていたのです。

これまで下取りだけしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、このサイトには3社程度は出張査定を受けたほうが良いですよと書いてあったと思います。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の査定額を抜いて、最高額の金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.