車売却 手続|2台目として所有していた

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。この車は新車で購入し、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には今の車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車売却 手続|人気の車が高値で

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。そのサイト以外では、売れている自動車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産メーカーの車ですが、もしかすると海外で使われるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、そのクルマを手放すときの寂しさがありますが、高く売れないかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.