車売却 故障|データ通信されていました

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

車売却 故障|数年のった車を手放すときは

私の住んでいる地域はかなり田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。買い取りをしているのは、車のディーラーかガススタンドくらいです。

数年のった車を手放すときは、どこでも同じだろうと地元で査定してもらいました。しかし、丁寧に扱ってきた車でしたが30万ほどの見積もり額に驚くしかありませんでした。

そんなわけで、ネットで頼める一括査定サイトで見積もりを出してもらったところ、予想以上の金額で買い取ってもらえました。一括査定依頼で来てもらうことになった2社は、どちらもインターネットやテレビCMで名前をよく聞く車買い取り業者でした。そうそう休めないので、午前と午後に分けて査定見積もりしてもらうことにしました。

後半に来たスタッフの方がさわやかな方で、今このカラーの車を探している人がいるので何とか売って欲しいと聞かされました。気になる査定額は40万円と10万の差もあって、その業者に売却することにすぐに決めました。そのスタッフさんは買って帰る気があったのか、大きな輸送用の車で来られていたようでそのまま持っていかれました。

遠くだと手間がかかると思っていたのですが、地元の業者にしてもらった時より明らかに手間がかかりませんでした。それから、面倒だった手続き関係は準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットの一括査定をやって本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.