車売却 簡易課税|タブレット端末で

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。でも素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してからネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却 簡易課税|私は日本で生まれましたが

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.