車売却 見積|希望が80万円である事を伝えると

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売却 見積|これ以外のサイトには

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.