車買取一括査定|66万円という査定額でした

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には今の車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車買取一括査定|クルマを売ってしまうときは

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。それは海外に向けての話のようでした。国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人特有の、ものを大切にする習慣も関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、もしかして海外で使われるのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.