車買取 シュミレーション|最初は76万の業者に

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売ろうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていたのです。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売却しました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。複数の業者で査定を受けましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

車買取 シュミレーション|計算したくもありませんが

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.