車買取 ティーバイティー 車買取とっておき情報満載の里|手放しても思い浮かぶことがあります

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。それは海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

車買取 ティーバイティー 車買取とっておき情報満載の里|売ってしまうことになりました

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で売ってしまうことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、約50万円を半年で失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.