車買取 営業|このクルマを私は6カ月前に

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で売ってしまうことになりました。近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

車買取 営業|売却手続きまで含めて

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になりそうでした。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額に大きな開きがありました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。一番高値の専門業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリと判るからですね。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定をお願いしました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.