車買取 比較|69万円が上限と言われました

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車買取 比較|影響しているのでしょう

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買ってもらえました。相場よりもかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットでチェックしたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。ただそれは特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、想像すると海外で使われるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

外国なのかもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

この日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り査定の価格相場を知っておく All rights reserved.